アリ•アスター『ヘレディタリー / 継承』感想レビュー 得体の知れない恐怖に緻密な伏線が見事なホラー

こんにちは、もしかめです。今回はアリ・アスター監督のホラー映画、ヘレディタリーの感想レビュー記事になります。

あらすじ

グラハム家の祖母、エレンが亡くなった。娘のアニーは、過去の出来事がきっかけで母に愛憎入り混じる感情を抱いていたが、家族とともに粛々と葬儀を行う。エレンの遺品が入った箱には、『私を憎まないで』というメモが挟んであった。

アニーと夫・スティーヴン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーは家族を亡くした喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事がグラハム家に頻発。

不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする…。やがて最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が彼女たちを襲う。

いったいなぜ?グラハム家に隠された秘密とは?

感想レビュー

個人的にはかなり好みでした。ホラー映画って、序盤は怖くてスリリングなんですけど、中盤以降、その怪異のルーツを突き止めにいったりして、そのパートでだれちゃったり、なんとなく怖さに慣れて緊張感無くなったりしてしまう作品が多いんですが、この作品にはそんなこと、全くなし。

なぜかって、ラストのラストまで、何が怖いのかわからない。

怖い現象はそこかしこで起きているんですけど、それがなんなのか、何によって引き起こされているのかがわからない…。

リングだったら貞子、呪怨だったら伽耶子みたいに何に怯えればいいかが分かればいいのに、それが分からない。

そのために最後の最後まで展開に予想がつかず、食い入るように観てしまいました。最後に辿り着く真相も実に気持ち悪いです(褒めてます)。

そして展開もさることながら、家族の演技が良い。妹のチャーリーはもはや何をしてても不気味だし、もはや霊に取り憑かれたんじゃないかと思う母親アニーの狂気ぶりは凄いし、兄ピーターの絶望の表情はたまらないしで、キャストが良かったなあと思いました。

序盤の不穏な空気から徐々に怪異がエスカレートし、ラストはもう激しくなり過ぎ笑 あれは本当に怖い!と思う人ともはや笑ってしまう人の両極端に分かれるのではないでしょうか。

アリ・アスター監督作品は『ミッドサマー』も観ましたが、個人的には断然こちらの方が好きでした。

普通のホラー映画に飽きてしまった人、得体の知れない恐怖を味わいたい人におすすめな映画です。

ラストを観てから本編を辿っていくとかなり緻密に伏線が張られており、それも見応えにつながるナイスポイントですね。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただきありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP