中山七里『総理にされた男』感想レビュー 売れない役者が総理の替え玉に…!政治を見事にエンタメに昇華した痛快作品!

こんにちは、もしかめです。今回は中山七里さん『総理にされた男』の感想レビューです。中山七里さんは『護られなかった者たちへ』に続き2冊目。今作も面白かったです。

護られなかった者たちへの感想レビューはこちら→中山七里『護られなかった者たちへ』感想レビュー 号泣必至!社会保障問題を背景にした社会派ミステリー

あらすじ

「しばらく総理の替え玉をやってくれ」-総理そっくりの容姿に目をつけられ、俺は官房長官に引っさらわれた。意識不明の総理の代理だというが、政治知識なんて俺はかけらも持ってない。

突如総理にされた売れない役者・加納へ次々に課される、野党や官僚との対決に、海外で起こる史上最悪の事件!?怒涛の展開で政治経済外交に至る日本の論点が一挙にわかる、痛快エンタメ小説!

感想レビュー

まさか政治ものがこんなにも面白く、熱く、そして感動できるなんて…!

ちょっと舐めてました。あらすじにもある通りの、まさに痛快エンタメ作品でした。

総理そっくりの売れない役者、加納慎策は突如時の内閣総理大臣の替え玉になることに。政治には無知な慎策が、総理そっくりの見た目というだけで政治の世界に放り投げられます。

そんな慎策に立ちはだかるのはあまりにも重すぎる問題たち。党内の派閥争いや野党からの糾弾などもはや可愛いもの。経済対策から被災地復興、さらには官僚依存、テロ対策まで、現在日本が直面しているリアルな問題が次々と慎策の前に突きつけられます。

それらの問題を普通の政治家ならあり得ないようなアクロバットな手法で解決していく慎策にはシンプルにテンションが上がりますしスカッとします。

とにかく見どころが多く、”慎策は次はどんなことをしてくれるんだろう?”という期待でどんどんページをめくってしまいます。

描かれるテーマは堅くて重いものばかりなのに、スイスイ読めるエンタメに昇華させているのはお見事。政治事情は本当にリアルに描かれているので、楽しく読んでいるだけでちゃっかり政治にも詳しくなれるという嬉しいおまけ付き。

議員達が政治に込める想いや、綺麗事だけでは割り切れない事情なども描かれ、読み終わった頃には政治家のことが少し好きになると思います。

全く政治に詳しくない私でもすらすら読めたので、誰でも楽しめる作品だと思います。いつもと違ったエンタメ作品を読みたい方、おすすめです。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP