宿野かほる『ルビンの壺が割れた』感想レビュー クチコミで人気沸騰の話題作!サクッと読めて驚ける、コスパ抜群の一冊でした。

こんにちは、もしかめです。今回は宿野かほるさん『ルビンの壺が割れた』の感想レビューです。

この作品、クチコミで話題沸騰、しかもその内容が大どんでん返しだということで、非常に気になっていた一冊でした。

あらすじ

「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」-送信した相手は、かつての恋人。フェイスブックで偶然発見した女性は、大学の演劇部で出会い、二十八年前、結婚を約束した人だった。

やがて二人の間でぎこちないやりとりがはじまるが、それは徐々に変容を見せ始め…。先の読めない展開、待ち受ける驚きのラスト。前代未聞の読書体験で話題を呼んだ、衝撃の問題作!

感想レビュー

正直、事前情報でハードルを上げすぎました…。帯をはじめ、あまりに絶賛の嵐だったので期待値爆上げで読み始めたせいで少し消化不良感あり。

ただ、170ページという短さの中で、物語の様相、印象が大きく変わる驚きを何度も味わうことができ、良質な読書体験が出来ることは間違いありません。

特徴的なのは文章。通常の第三者的な描写は一切なく、全てがFacebook上でのメッセージのやり取りで完結します。このパターンは私は初めてだったのですが、おかげで非常にテンポが良く、サクサク読み進められる仕上がりになっています。

メッセージをやり取りする中で、随所に違和感を感じる表現が差し込まれ、特に序盤は『何かが起こることは分かっているけどそれがどんなものなのか全くわからない』状態が続き、良い緊張感が味わえます。

後半からは怒涛の展開。次々に新事実が明らかになり、序盤で違和感を感じていた場面も回収。まさに見るたびにがらっとイメージの変わる万華鏡のように、次々と物語が変容していきます。

そして、なんとも言えない、もはやちょっと面白さすら感じるラスト一文。

惜しむらくは、やはり事前にハードルを上げすぎた点でした。面白い、面白いけど、そこまで絶賛の嵐となる程では無い…というのが正直なところでしょうか。

とはいえ、170ページとサクッと読めて、サクッと驚き、すこ〜し嫌な気持ちになれる、良い作品でした。

メッセージのみの文章で、かなり読みやすく仕上がっているので小説がそんなに得意じゃない人や、ミステリー・サスペンスに興味があって手を出してみたい人なんかにおすすめです。

ミステリーを愛する人にも、普段とはちょっと違った読書体験のできる本作、おすすめです。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただきありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP