早見和真『店長がバカすぎて』感想レビュー 笑って泣けるエンタメ小説!まさかの伏線も…!

こんにちは、もしかめです。今回は、2020年本屋大賞にもノミネートされた、早見和真さんの『店長がバカすぎて』の感想レビューです。

早見さんの作品で読んだことがあるのは『イノセントデイズ』のみ。終始暗めのイノセントデイズとは打って変わった作風に作家さんって色々書けてすごいなぁとシンプルに驚きです。

あらすじ

谷原京子、二十八歳。吉祥寺の書店の契約社員。超多忙なのに薄給。お客様からのクレームは日常茶飯事。店長は山本猛という名前ばかり勇ましい「非」敏腕。人を苛立たせる天才だ。

ああ、店長がバカすぎる!毎日「マジで辞めてやる!」と思いながら、しかし仕事を、本を、小説を愛する京子はー。全国の読者、書店員から、感動、共感、応援を沢山いただいた、二〇二〇年本屋大賞ノミネート作にして大ヒット作。

感想レビュー

いやーシンプルに面白かったし、そして意外性もありました。

ストーリーは全6章立てとなっており、第一話、『店長がバカすぎて』に始まり『小説家ぎバカすぎて』や『弊社の社長がバカすぎて』など、小さな書店員の京子が都度バラエティに富んだ困難(災難?)にぶち当たります。

ただやっぱり、群を抜いて店長がやばい笑

空気は読めないし仕事は出来ない。けど人をイラつかせることに関しては天才的な才能。

全編通して、京子と一緒に店長に心を翻弄されてしまいましたね…。割と本気でいらいらするところもあるし、もはやイライラを通り越して呆れるところもあるし…笑

そんな店長へ各店員が容赦のないツッコミを入れていくんですがそれが軽快で楽しい。店長が無能すぎてもはやそのおかげで職場の一体感が高まる、みたいな、わかる〜笑

無意識のうちに人をイライラさせたかと思えば、無意識に感動させたり、そんな人、たま〜にいますよね笑 まさにそんな感じ。

軽くてライトな文体でありながら、書店の問題点だったり、書店員さんの苦悩だとかもさらっと盛り込まれています。

好きだったけど全く知らなかった書店の世界を垣間見ることが出来たのは興味深かったと同時に、自分が今本を楽しめているのは大変な現場で頑張ってくれている書店員さんのおかげなんだなと改めて感謝の気持ちが湧いてきました。

そんな感じで、肩の力を抜いてお気楽に楽しんでいたんですが、最終章で急展開…!

まさかの伏線回収!

完全に気を抜いていた私は『え?え?なにこの作品そういう感じ??え?言ってよー!そんなんだったら先に言っといてよー!』と、『大迫半端ないって!』の子と同じ心境になりました(伝わらなかったらすみません)

いやー憎いですね。この作品に伏線とか、そんなのあるって思わないじゃないですか。伏線回収なんて無くても十二分に楽しめたのにそこまでしてくれるなんて、早見さんはさぞサービス精神旺盛な方なのでしょう。

作中で人が死ななかったのはいつぶりだろう…なんて思いを抱きながら、幸せな気分で本を閉じることが出来ました。

本が好きな人なら間違いない一冊でした。まだ読んでいない方いましたら、ぜひ読んでみてください。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP