東野圭吾『仮面山荘殺人事件』感想レビュー クオリティが高すぎる!驚きあり、感動ありの傑作でした

こんにちは、もしかめです。今回は東野圭吾さんの名作、『仮面山荘殺人事件』の感想レビューです。

あらすじ

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。

感想レビュー

久々の東野作品でしたが、クオリティ高すぎ…!練られたプロット、個性豊かなキャラクター、読ませる絶妙なテンポ、悲哀、驚きのトリックと、ミステリーに必要な要素が満遍なく入っていてかつ、それが整然と、必要な分だけ入っている、そんな印象を受けました。

まず、ストーリーが抜群に面白い。豪華な別荘地に強盗が侵入し、そこで殺人事件が発生。なのにどうやら犯人は強盗ではなく、内部にいるという…。

主人公高之の婚約者、朋美の死も大きな謎。結婚式を目前にして車で崖から転落死してしまった彼女。事故死として処理されたものの、誰もがあれは事故死では無いと主張します。

朋美は本当に誰かに殺されたのか、だとすれば誰に殺されたのか。そして、別荘で起きた新たな殺人は誰が、何のために?

どちらか一つだけでも一冊書けそうなストーリーが絡み合う今作、面白いに決まってますよね。

物語の舞台は人里離れた別荘地なのですが、やっぱり館や山荘の空気感は良いですね。綾辻行人さんの館シリーズに通ずるような密室特有の緊張感も健在でミステリー好きならにやにや出来ると思います。

そしてラストも驚きの結末。私は1度しか読んでいないのですが、これは気づくチャンスあったのかなあ…。ほとんどノーチャンスに近い大技だったのではないでしょうか。そんなアッと驚く仕掛けも用意してくれています。

ラストの仕掛けもウリだと思いますが、それだけでは終わらせないところがさすが東野圭吾さん。事故の真相、そしてそれにまつわる人物の思いには胸を打たれました。

驚きあり、胸を打たれる切なさもありの傑作だったと思います。冒頭でも述べましたが、全編通して隙が無く、とにかくクオリティが高い…。

読みやすいのに重厚で、ミステリーを読み慣れた人も、これから読み始めたい人にもおすすめできる作品でした。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP