池井戸潤『半沢直樹1 オレたちバブル入行組』感想レビュー! 銀行の腐敗に正義の鉄槌を…!最高のストレス解消小説でした。

こんにちは、もしかめです。今回は、もはや説明不要の国民的ドラマとなった半沢直樹の原作第1作目『オレたちバブル入行組』の感想レビューです。

あらすじ

大志を抱いてバンカーとなり、今では大阪西支店融資課長を務める半沢直樹。ある時、支店長命令により五億円もの融資を行った会社があえなく倒産した。

融資ミスの責任をすべて半沢に押し付けて醜い保身に走る上司を横目に、半沢は巨額の債権を回収するすべを探る。やられたら、倍返しー痛快リベンジ劇が始まる!

感想レビュー

読書大好きな私ですが、たま〜に、小説を読んでも全然頭に入っていかないスランプな時期が来るんですけど、そんな時は大抵頭空っぽで楽しめる小説が助けてくれるんですね。

半沢直樹もまさにそう。今までのスランプがなんとやら、圧倒的なスピードで読み切っていつのまにかスランプ完治してしまいました。

ストーリーはもうみなさんご存知の通り。かつての栄光から一転、星の数ほどある会社の中の一企業となった銀行。旧態依然とした体制、自らの権力を守ることしか能がない腐敗した権力者たちに、半沢がNOを突きつけます。

人事部に手を回して左遷させようとしたり、証拠を捏造して業務の粗探しをしたりと、あらゆる手を使って半沢を貶めようとする支店長浅野。

本来なら屈するような過酷な仕打ちを受けてもなお、半沢は燃えるような闘志を武器に浅野に立ち向かい、大逆転のために奔走し続けます。

脅しや陰湿な根回しに屈せず感情を剥き出しにして権力者と戦う姿にとにかく胸がスカッとしました。

入行すれば一生安泰。そんな風に言われていた過去の栄光から現在に至るまでの銀行についての描写、そしてそれに伴う銀行員たちの苦悩もしっかり描かれていてリアリティがあるのも良かったです。

半沢直樹、実はテレビシリーズは少ししか観たことがないのですが、想像より気性が荒かったです笑 妻の花も半沢の出世目当てのがめつい奥さん、という感じでちょっとイメージと違いました。ドラマ版はいくらかマイルドになっているんですかね?

池井戸潤さんの作品は『不祥事』に次いで2作目でしたが、ザ・勧善懲悪なストーリーが最高ですね。正義は必ず勝つ、戦隊モノ的なロマンがありました。続編もたっぷり出ており、ここからギアが上がっていく気配もぷんぷんするので、引き続き読み進めていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

池井戸潤さんの他作品の記事はこちら→池井戸潤『不祥事』感想レビュー ザ・勧善懲悪の痛快オフィスミステリー

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP