海堂尊『チーム・バチスタの栄光』感想レビュー このミス大賞受賞の傑作エンタメ医療ミステリー

こんにちは、もしかめです。今回は、『このミステリがすごい!』第4回受賞作、海堂尊さんの『チーム・バチスタの栄光』の感想レビュー(ネタバレなし)を綴っていこうと思います。

あらすじ

第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作にして、人気シリーズの原点!心臓移植の代替手術”バチスタ手術”専門の天才外科チームで原因不明の連続術中死が発生。不定愁訴外来の田口医師は、病院長に命じられて調査を始めた。そこへ厚生労働省の変人役人、白鳥圭輔がやってきて…。

『このミステリーがすごい!』を受賞したのち、『SUGO!JAPAN Award 2015』の国民投票で、過去10年間のエンタメ小説の中からベストテンにも選出された傑作医療ミステリー。

感想レビュー評価

エンタメとしての破壊力がすさまじい、怪作でした…。

強力なキャラ立ちと、先が気になる展開に一気読み。そこへ現代の医療制度の問題点へ切り込むおまけつき。

とにかくキャラが良い。ページ数は多くなく、サクサク読めるのですが、短いページ数でキャラがガツンと立ってくる。

面倒ごとが嫌いで少し口も悪いけど、どこか生真面目な田口に、空気は読めない、協調性は無いけど内に正義を秘めるロジカルモンスターこと白鳥。

ドラマ版でもそうでしたが、この2人の関係性が絶妙で、重苦しくなりがちな今作を読みやすく、とっつきやすくしてくれています。

肝心のミステリー要素に関しても素晴らしい。手術室という衆人環視のもとで巻き起こる術中死。これは紛うことなきクローズドサークルですね。

連続術中死は不運によるものか、医療ミスか、それとも殺人か…。

田口と白鳥の調査の末、衝撃の事実が次々明らかになる後半戦は怒涛の展開。ここまで読んだら途中で本は置けません。一気読み必至です。

キャラ立ちとスリリングな展開で、圧倒的なリーダビリティを誇る本作。まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみてください。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

ピックアップ

  1. 【ネタバレ感想】伊岡瞬『本性』。関わる者は破滅する、謎の女サトウミサキの正体とは。

  2. 城塚翡翠再び。mediumの続編『INVERT』発売決定!前作を振り返ってみる。

  3. 桜井美奈『殺した夫が帰ってきました』感想レビュー ストーカーから守ってくれたのは、崖から突き落としたはずの元夫!?

カテゴリーで探す

過去の記事はこちらから♪

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
TOP