西澤保彦『神のロジック 次は誰の番ですか?』感想レビュー

こんにちは、もしかめです。今回は西澤保彦さんの『神のロジック 次は誰の番ですか?』のネタバレ感想・レビューを綴っていこうと思います。

もともと、『神のロジック 人間のマジック』というタイトルで発売されていましたが、それの改題版。気になっていたのですがなかなか売っていませんでした。そんな中綾辻先生が改題版の発売をリツイートされていたのでこれは!と購入。

終始漂う不穏さと、先が予測できないストーリーに一気読み。楽しい作品でした。

あらすじ

人里離れた全寮制の学校で、生徒は厳しい制約を受けながら推理ゲームなど風変わりな課題に挑んでいた。やがて次々と殺人事件が起きて…。犯人は誰なのか?生徒たちは何のために世界中から集められたのか?全貌が明らかになったとき、大きな衝撃が読者を襲う!驚愕の長編ミステリー。

感想レビュー

面白かった。とにかく先が気になるというか、どうやって終わるの?というか、早くトリックを知りたくて一気読みしてしまいました。

序盤の雰囲気は、カズオイシグロの『わたしを離さないで』を彷彿とさせました。表面上はなに不自由なく暮らしているのだけれど、”明らかになにかある”、そんな雰囲気が漂いまくり。

この小説のなにが面白いって、いくつもの謎が同時に存在しているところ。

なぜ学校へ連れてこられる前の記憶がないのか、何のために世界中から生徒が集められているのか、新入生が来ると目を覚ます”邪悪なもの”とはなんなのか。

最後の謎にいたっては、もうもはや意味わからん。なんだ邪悪なものって。ただでさえ謎解きが苦手なわたしにはあまりに壮大な謎過ぎました。

これだけ盛りだくさんの謎を抱えたまま、終盤はものすごいスピードで殺人が起こりもはや学校すらボロボロになり、ノンストップの展開。

主人公の衛といっしょに、いったいなにがどうなってるんだ!?と翻弄されるのは楽しかったです。

そして明かされる衝撃の事実。校長先生の前で衛が放ったあの一言は、『ヴァンダインです』ほどの衝撃こそ無いものの、うわー!!そういう感じ!?と世界が一瞬で反転するキラーフレーズでした。

ド派手なトリックに目がいきがちですが、中心に据えたテーマもよかったですね。以下は冒頭の母親の台詞。

わたしたち人間はね、自分が信じるものしか事実とは認めないの。たとえそれが嘘でも、ね

このフレーズに、人間の怖さや弱さが詰まっている感じがして、お気に入りです。

結末を知ってから伏線発見の旅へ出るのも楽しそうな一冊でした。特殊設定寄りではありますが、ザ・どんでん返しミステリーでとても楽しめました。満足満足。

では、本日はこの辺で。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP