辻村深月他『神様の罠』感想レビュー 人気ミステリー作家集結の豪華アンソロジー

こんにちは、もしかめです。今回は、人気ミステリー作家6名が集結した豪華ミステリー短編集『神様の罠』の感想レビューを綴っていこうと思います。

あらすじ

現在のミステリー界をリードする6人の作家による豪華すぎる一冊。最愛の人との別れ、過去がふいに招く破綻、思いがけず露呈するほころび、知的遊戯の結実、コロナ禍で狂った当たり前の日常…。たどりつく先は、人間の行いによる帰結なのか、神様の差配によるものか。読み解き方も楽しみ方も六人六様の、珠玉のアンソロジー。

感想レビュー 

ミステリー界を席巻する人気作家たちが書いた短編集、しかもいきなり文庫化ということで、かなり気になっていた一冊。とても満足度の高い一冊でした。

各人の実力に関しては言うまでもなし。叙述トリックから論理的詰め、緊張感漂う一編など、振り幅も広く飽きずに楽しめました。

個人的な優勝は乾くるみさんの『夫の余命』。乾くるみさんは『イニシエーションラブ』を読んで以来でしたが、今回もあっと驚く仕掛けで『うわー!そういうことかあ!』と大興奮。トリックを知った後と前とでこうも物語の様相が変わって来るのかと。読者へのヒントもしっかりと与えられてフェア、かつ文体も読みやすいのでこれから叙述トリックものを読んでみたい!という方にもおすすめできますね。

有栖川有栖さんの『推理研VSパズル研』もよかった。パズル研から出題された難問に対して、推理に次ぐ推理を重ねる一作。推理研の人たちの思考の過程を余すことなく描写してくれているので、まるで自分がその場で一緒に推理しているかのような没入感が味わえます。

大山誠一郎さんの『孤独な容疑者』もかなり好きでしたね〜。殺人事件のアリバイを、論理的思考で着実に崩していく。こちらも非常に丁寧な描写で謎に引き込んでいくのが上手い。こちらも見事に騙され、良い読了感でした。

辻村深月さんの『2020年のロマンス詐欺』と芦沢央さんの『投了図』はまた違うテイスト。ミステリー要素を含みながらも、登場人物達の機微を中心に描いており、二編とも読み終わった時には切ないような、それでいて少しほっとするような、不思議な感情の湧いて来る作品でした。

米澤穂信さんの『崖の下』も面白かった。凶器は絶対○○だろ!と思わせておいて実は○○という、ミスリードが憎い一作。私もまんまと騙された1人です。『あー、米澤穂信さん、すみません、これはわかっちゃいましたわ…』と思って余裕こいていたのですが…笑。『満願』なんかと似て、読後に残るじっとりと嫌〜な読後感も健在でした。

まとめ

ミステリーの醍醐味をギュッと凝縮した、たまらない一冊でした。私は普段あまり短編集は読まないのですが、短編集ブームがきそうなくらい面白かったです。

読みやすさと骨太ミステリーが絡み合った本作、まだ読んでいない方はぜひどうぞ。

それでは今回はこの辺で。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

もしかめ

もしかめ

ミステリー大好きもしかめが、読んだ本や日常などをだらっと記録していくブログです。

関連記事◎こちらもいかがですか♪

TOP